発送代行業者など活用して業務を便利に【力になって欲しいその時】

木を運んでいるトラック

検品の事情

検品をやる際の注意点

検品

アパレルの作業で大変なことの一つとしてあげられるものがあります。 それは検品という作業です。 本社から、アパレル商品が毎日といっていいほどに送られてきます。 その商品がお店に届き、すぐに店頭に出せるのかというと、そうではございません。 まず、入ってきた商品の個数などあっているのか、伝票を見て検品をしなければならないのです。 アパレル商品にはタグというものがついており、それと伝票とを照らし合わせて、検品をしていきます。 そこで注意すべきことがあります。 たまに伝票と違うアパレル商品が入荷することがあったり、また価格が違っている商品もあるので、 注意してやらなければならないのです。 また検品を間違ってしまうと、会社から送られてきた伝票とお店に入ってきた商品の個数が合わないと、 お店の在庫も間違ってきてしまうので、検品は気を付けてやらないといけない作業の一つなのです。

アパレルの作業で知っておくと便利なこと

注意する点で、検品について話をさせていただいたのですが、 作業をする上で、かなり便利なことを教えたいと思います。 検品をするのにどうしても時間を取られてしまい、お店にお客さんがいても、 接客に集中出来ないこともあるかと思います。 その改善方法としてやることが、役割を決めて作業をすることです。 すごく当たり前のように感じるかもしれないのですが、 アパレルでは、どうしても接客をする際に接客が長くなってしまうことがあります。 そこで、役割が大事になってくるのです。検品をする人、その商品を出す人、商品をしまう人など、 役割を決めてやると、一つ一つ明確に自分のやることがわかる為、とても効率が上がることがあります。 どうしても検品をしていると、個数を数えながら、伝票を見ながらなので、 視野が狭くなることがある為に、役割を決めたやると周りを見ることが出来、 すぐに動くことが出来るスタッフが増えるのでとても良い方法なのです。